CYMの紹介


『ヴァンパイア・ウィークエンド』のクリス・バイオがフォート・ロモーことマイク・グリーンとチームを組み、 CYMとしてコラボレーションしてデビュー作『ファンタシー』を公開中。 12インチビニールにプレスされ、特殊な反射スリーブに収められています。

12インチビニール盤はこちらからお求めください

CYMは、英国のプロデューサー兼 DJのマイク グリーン(別名フォート ロモー) と、高く評価されているバンドヴァンパイア ウィークエンドでベースを演奏するほか、バイオとしても音楽をリリースしている LA を拠点とするアメリカ人ミュージシャンのクリス バイオとのコラボレーションです。彼らのデビュー作、セルフタイトルEPは、サイケデリアのモーターリックな系統によって駆動される、コスミッシュ・ミュージックの無限の可能性へのエレガントな作品として『Phantasy』に登場した。より広範なプロジェクトの基礎であるCYM は、アナログのノスタルジーではなく、まだ解釈の余地がある想像上の未来に対する繊細で現代的なアップデートを語っています。

「Capra」は、驚くべきことではないにしてもデュオの巧みなリズムのグリップを即座に確立します。マン・マシンのストンプはトラックが無数のターンを経ても持続し、ポスト・パンクのギター・リックや加工されたボーカルから、泡立つモジュラー・シ​​ンセシスを経て、高揚するカタルシスのメロディーで最高潮に達します。 。

「Far Gone」では、CYMがスタジオを内側に向け、サウンドのより陰気で親密な解釈、魅力的なボーカル、フィードバックに浸ったリフ、波のない動きのバレアリックな融合を実現します。

CYMの音楽に打ち寄せるノイズの波の下にある至福は、推進力のある結論である「スーパー カンヌ」で完全に現れます。催眠術のようなテンポと激しいドラムが、旋回するオルガンときらめく鍵盤と絡み合い、切なく温かいフィナーレをもたらします。

CYMをフォローしてください:

インスタグラム|フェイスブック| バンドキャンプ|サウンドクラウド


古い投稿 新しい投稿