しおれた女



米国生まれ、ベルリンを拠点とする実験主義者ウィルテッド ウーマンは、アンダーグラウンド エレクトロニック ミュージックの中で最も興味深い人物の 1 人として、ゆっくりとその地位を築いてきました。東海岸の米国パンクシーンへの没入から生まれた基本的なDIYの姿勢でプロデュースするエリザベス・L・デイヴィスの別名は、『エイリアン・ジャムズ』や『プリミティブ・ランゲージズ/サイキック・リベレーション』などの作品からのリリース、シルヴィア・カステル、ニックとのコラボレーションで知られる。クラインとクリストフ・ド・ババロン、そしてカシミア・ラジオの長寿かつ難解な番組「ディープ・パドル」。

そのため、Phantasy からの 2 回目のリリースで Wilted Woman を再び仲間に迎えられることを嬉しく思います。 2019年の「Lon Lon Night Vision」はローレル・ヘイロー(レジデント・アドバイザーの言葉を借りれば「内なるクレイジー・ピエロを解き放つ、行き当たりばったりのテクノ・レッカー」)がリミックスしたディストピア的なレイヴの脱構築を示唆したものだったが、「Glossy Center」では同じ低音を維持した2つのトラックが明らかになっているサイボーグがプログラムされていない感情で目を潤ませてしまうようなアレンジメントへと発展していく一方で、体重は重く感じられる。一方、アメリカとヨーロッパのクラブカルチャーの要であるキム・アン・フォックスマンによるクラブ解釈は、彼らの合成脳を溶かすために特異な武器として利用されている。

しおれた女性をフォローしてください:
インスタグラム| レジデントアドバイザー|ツイッター|サウンドクラウド| Spotify |バンドキャンプ