起床と外出


ジュリアはぬるぬるした何かの上に足を置きましたが、それにもかかわらず「カリカリ」という音がしました。昨夜の夜にかじったフムスとクラッカーが足の指の間からにじみ出たとき、彼女は悪態をつき、顔をしかめて、ドアノブにぶら下げたキャリーバッグに向かって飛び跳ね、足についたパンくずを拾いました。
 

つづく...

ファンタシーをフォローしてください:
フェイスブック
ツイッター
インスタグラム
サウンドクラウド
スポティファイ