フォーラム: ゾンガミン

フォーラム: ゾンガミン

日本のアーティスト、ゾンガミンは、レトロなファンク、エレクトロ、ポップ ミュージック、ビンテージ ハウスが融合してファッションに敏感なクラブ シーンを牽引した、今では遠い昔の「マッシュアップ」以降の時代に、レコード棚やクラブのサウンドシステムに登場しました。批評的かつ商業的なピーク時に XL レコーディングスとパリのレーベル エド バンガーの両方にレコードをリリースしたゾンは、このシーンでは野心的な異端児であったにもかかわらず、そのレコードは誰からも洗いざめられました。パーカッシブでカットアップされた腕を上げたアンセム、ボンゴ ソングがリリースされました。後者については、2ManyDJs や我らがエロル・アルカンといったシーンのリーダーたちにとって頼りになる変化球だった。彼は、2006 年の悪名高い「ワン・ラウダー」カバーマウント CD からマンフレダスのリミックスをフィーチャーするまで一貫して彼の作品をフィーチャーしてきた。 2014年の「ファブリックライブ」コンピレーション。

このつながりを念頭に置き、10年以上ぶりのゾンガミンのレコードがMulti Cultiからリリースされたばかりなので、この機会を利用して、簡単にスマートな近況報告、言ってみればミニフォーラムを開催したいと考えました。多彩なプロデューサーとともに。それ以来、彼はフローティング・ポイントのツアー・ライブ・バンドの重要な役割を果たしながら世界中をツアーしており、そこでは彼の悪名高い楽器の器用さと即興のセンスがアンサンブルで重要な役割を果たしている。新しいEP「O!」全体でこれを聞くことができます。これは、緊密で予測不可能な「デトロイトのストリングハウス、未来的なエレクトロ、儀式的なフルートジャズ、インディーズフォークトロニカの融合」です。


こんにちは、ゾンガミンです。おかえり! 2005 年に最後にお話を聞いて以来、あなたは他のバンドやアーティストと仕事をしているとのことですが、個人的なハイライトは何ですか?

ありがとう。久しぶりに音楽をリリースするのはとても楽しみです。

私にとって最近の音楽的ハイライトは、バンドやミュージシャンとの仕事でした。その中にはバニシング・ツインとのレコーディングと作曲のリトリートが含まれており、田舎の非常に寒い水車小屋で数日間音楽を演奏しました。私たちはとても特別な瞬間を過ごしました。フローティング ポイントとのモハーベ砂漠へのレコーディング旅行も特別な経験でした。プロデューサーのドリュー・ブラウンとのコラボレーションセッションも各地で継続中。一部のセッションはサンドロ・ペリーとマイク・シルバーと行われ、後にサンドロのオフワールドプロジェクトの一部となりました。私にとって、音楽の冒険の経験を他のミュージシャンと共有するのはとても興味深いことです。理想的には異常な場所に隔離されます。

思い出に残るライブもありました。たとえば、Floating Points、Alexis Taylor、Fimber Bravo との旅行や演奏は素晴らしい経験でした。興味深いプロジェクト、素晴らしいミュージシャン、アーティストがいる素晴らしいバンドに参加できて幸運でした。

あなたはフローティング・ポイントとしても知られるサム・シェパードとツアーを行っており、彼の素晴らしいライブショーを行っています。最初はどのように接続しましたか?

私たちはPlastic Peopleで会いました。セッションの後、彼の友人がそこでDJをしていたとき、私はアレクシス・テイラーと一緒にそこに行きました。サムがそこにいて、私たちは話をしました、そして彼はベーシストを探していて、彼が取り組んでいる音楽を演奏するために私を彼のスタジオに招待しました。

あなたは、Thomas Von Party の適切なエスコテリックなレーベル Multi-Culti から「カムバック」レコードをリリースしています。 TVPはどれくらいあなたを追いかけていますか?

私がトーマスと出会ったのは、共通の友人であるマイク・シルバーを通じてでした。トーマスからMulti Culti Japanのコンピレーション用のスリーブイラストを依頼されました。

彼とガスと私は約4年前にMulti CultiでEPを作ることについて話し始めました。 2014年のグラストンベリー・フェスティバルで、私たちが短期間一緒に過ごしたことを覚えています。Multi Cultiは、Moon Faze Sun Gazeというコンピレーション・アルバムで私の曲もリリースしました。素晴らしいアーティストが揃う素晴らしいレーベルに迎えられて嬉しいです。

新しい EP の音楽は、これまでのリリースと同じくらい珍しい、予測不可能なものです。近年あなたを興奮させた電子音楽は何ですか?

最近の EP『Nonstop』と『High Tension』の古いトラックには、当時よく聴いていたクラスター/ハーモニアやアフリカン リズムの音楽からインスピレーションを得ています。どちらも私にとってとてもエキサイティングです。 Nonstop の初期バージョンには、よりソフトなサウンドのシンセがあり、ハンドクラップやディスコ ビートはありませんでした。どちらかというとClusterやHarmoniaにインスパイアされたサウンドだったと思います。今のところ、Sandro Perri、RP BooのIn Another Lifeが好きです。また、最近ではGeorge Issakidisの未発表曲にも衝撃を受けました。将来的には出てくるといいですね。



最後にお話を聞いて以来、日本の音楽、特に高田みどりなどによるアンビエントレコードの再発が、本当に大衆の想像力を魅了していると感じています。今後数年間でさらに注目を集めてほしい日本の音楽は何ですか?

イギリスで過ごす時間が長くなったので、日本の音楽に関する記憶はかなり断片的になっています。私は今、私が知らなかった日本の音楽を発見し、日本でより多くの時間を過ごした当時に存在していた音楽から得たいくつかの音や感覚を再発見しています。細野晴臣、坂本龍一、大貫妙子、山下達郎…ファンキー、ジャジー、フュージョンサウンドの方が記憶にあります。アンビエントミュージックはあまり覚えていません。母が時々車の運転中に聞いていた鬼太郎の音楽を覚えています。

近いうちにもっと新鮮なゾンガミンを聞くことができるでしょうか?そうだといい!

ありがとう、もっと新しい音楽を確実にリリースしたいと思っています。

ジョン・ソープ、2018年12月。

古い投稿 新しい投稿