フォーラム: ナビハ・イクバル

フォーラム: ナビハ・イクバル

ナビハ・イクバルは、常に期待を裏切ることに挑戦してきました。ロンドンで常に最も驚くべきプロデューサーの一人、ラジオの司会者としての現在の役割を果たす前は、民族音楽学者、人権弁護士、さらには空手のインストラクターとしても活躍していました。 Throwing Shadeとして、No Pain in Pop、Happy Skull、Omnimira などのレーベルからリリースした初期の作品は、奇妙なテクノから脱構築された光沢のある RnB へと変化しました。適切なことに、彼女は、SOPHIE の賛否両論を巻き起こした PC ミュージックの注目を集める曲「Lemonade」のボーカリストとしても明らかになりました。 NTS に隔週で出演する典型的なイクバルのショーは、アンビエント、ディスコ、ファンク、ブロークン ビート、日本のフォーク、イスラム ジャズなどに部分的または完全に特化する場合があります...

2017 年、変化はさらに急進的になります。彼女自身の言葉によれば、元の名前に戻ったことでイクバルは「音楽を作る英国系アジア系女性アーティストとして誇りを持って立つ」ことができ、また「自分の音楽をより大胆でより広がりのある方向に進める」ことができたという。 Ninja Tuneのデビュー LP「Weighing of The Heart」で、イクバルはポストパンク、グランジ、ビンテージ インディー ロック (最も純粋な 80 年代の意味で) に予期せぬ影響を与えたレコードでこれらの変化を上手に活用し、あらゆる種類のロックに取り組んでいます。現代のロンドンの郊外地域で起きている地味な危機。 CAN スタイルのクラウトロック、ウィリアム ブレイクにインスピレーションを受け、ヴィンテージ ハウス ミュージックの遠く離れたほこりっぽい鼓動に支えられたこの曲は、魅力的なベースラインと都会的なメランコリーが非常に個人的に混ざり合ったものです。驚くほど聞きやすいが、数多くの実存的ジレンマに対する簡単な答えはほとんど示されていない。

「Weighing of The Heart」のリリース後、イクバルはジョン・ソープと対談し、文化的先入観を覆すこと、最近ラジオで流れるギターの音がなぜあんなに悪いのか(そしてビヨンセの音がとても良いのか)、そして孤独についての曲の作り方について語った。 、名誉殺人や不倫は驚くほど高揚するように聞こえます。


このレコードをThrowing Shadeではなく自分の名前でリリースする必要があると判断した特定の瞬間はありましたか?
決断に向けては徐々に進展していきました。自分の名前を使用することは、突然、思いがけずに決まったわけではありませんが、旅の途中でたどり着いた地点に近いものでした。音楽の面だけでなく、自己実現の面でも。 Throwing Shadeという名前を選んだのは2009年で、私はただ趣味でDJをしていました。音楽でのキャリアについては考えていませんでした。しかし、もっと重要なのは、私がアイデンティティと表現についてよく考えてきたからです。
 
あなたはキャリアを通して常にサウンドを変化させてきましたが、主にポストパンクから影響を受けたものを作るとは予想できませんでした。どうやってあの音にたどり着いたのですか?
自分の音楽にギターを取り入れたいと思っていましたが、これまではやったことがありませんでした。でも、ライブで使って本当に楽しかったです。でも、どんな音にしたいのかは考えないように意識していました。もちろん、自分が何をしたいのか、何を達成したいのかという目標はありましたが、スタイルに関しては考えていませんでした。今、何か別のもののように聴こえようとする音楽が多すぎます。流行や流行が多すぎて、人々は流行っているもののように聞こえたがります。そういうのはちょっと嫌だったので、スタジオに身を任せてたんですけど、それが形になり始めて、かなりポストパンクか80年代っぽいサウンドになったときは、自分でも驚きました。でも本当に嬉しかったです。
 
ギターミュージックは最近、よくラップが下手だったり、少なくとも多くの下手くそな音楽と一緒くたにされたりしている。しかし、あなたは本物の民族音楽学者であり、ここで非常に興味深いことを成し遂げました。それは何か意識したことはありましたか?
それほどではありませんが、このレコードで演奏されているギターのほとんどは、積極的にコードをかき鳴らすというよりは、かなりメロディックなものだと思います。だからもしかしたら、無意識のうちに、私が楽しんで聴いているメロディックな弦楽器のサウンドをたくさん取り入れようとしていたのかもしれません。でも、先ほども言ったように、こういった束縛から自分を自由にすると、それが明らかになるのですが、それは明らかに、私が聴いて育ったギター音楽に非常に大きな影響を受けていたのです。私が聴く新しいギター音楽はあまりありませんが、現在のエレクトロニックミュージックの状況を見ると、明らかにギターは存在せず、ギターについてあまり話していません。テクノロジーが進歩する一方で、テクノロジーは取り残されてきました。

また、ラジオ再生もその大きな部分を占めています。現在、ラジオ局は、人々が曲を制作する方法を定義するサウンドにリミッターをかけて運用しています。ドレイク、リアーナ、ビヨンセなど、最近の大ヒットポップソングを聴くと、プロダクションが非常にミニマルであることに気づくでしょう。ベースとパーカッションとボーカルだけです。そして、彼らがそのようにする理由は、リミッターが音楽に影響を与えるとき、それを圧縮して奇妙に聞こえることなく、非常に大音量でポンピングするためです。つまり、ギター音楽はもはやラジオ用に作られたものではないのです。すべてのサウンドを押し込むと、圧縮されてしまい、良いサウンドではなくなります。残念ですが、アルバムを完成させてから初めてそのことに気づきました。でも、私は自分が作りたいものを作るつもりで、ラジオ局がそれを圧縮して音質を悪くすることについては考えません。
 
この記録の一部は、都市生活、仕事のサイクル、通勤の苦労についてのものです。しかし、ある種のしぶしぶラブソングである「Saw You Twice」のように、ロマンスと楽観主義の瞬間が全体にあります。このレコードはラブレター、あるいはロンドンと都市生活への反撃のようなものだと思いますか?
それは間違いなく反撃です。すべてがとても消極的に感じられます。私がレコードを完成させたとき、母はこの曲にラブソングが入っているかどうか尋ねました。そして私は彼女に、本当のラブソングは存在しないと言いましたほとんどのラブソングは理想主義的なたわごとであるように感じますが、私は人々が実際に感じていることのほうが気になります。なぜなら、人々の愛に対する認識が本物ではないと私は思うからです。それは人々が生き続ける動機を与える幻想のようなものです。しかし、誰かに経験について尋ねても、それは決して良いことではありません。人々は自分自身だけに集中すべきです。恋愛関係にいて、自分よりも誰かを優先するなんて想像もできません。だって、恋愛はいつもネガティブな結末を迎えるものだから。それを回避できれば人生は楽しく過ごせると思います。このような恐ろしい嫉妬や心配の感情を感じることは決してありません。

つまり、非常に大ざっぱに愛を扱った曲は、関係を持っているが、関係を持ちたいわけではないことについて歌っているのです。しかし、他に選択肢が見つからないので、ただやり続けるだけです。ある曲「New New Eyes」は、私の親友の父親が妻ではない別の女性とデートしているのを見ることを歌ったものです。そしてそう、「Saw You Twice」は、私が二度会った、とても魅力的な男性についての曲です。でも、2回とも彼氏と一緒でした。だから、その感情を捨て去ることはできないのです。それが現実の生活であり、誰もが毎日このような奇妙な矛盾に囚われていますが、誰もそれを認めることができません。
 
ダンス ミュージック カルチャーの 1 つの系統として、あなたは NTS について言及していたと思いますが、「セレクター」というアイデアがありました。あなたが「ワールド ミュージック」という包括的な用語のファンではなく、期待を覆すことに熱心であることはわかっています。そのため、これは必ずしもイギリス系アジア人の若い女性が作ることを期待するような種類の LP ではありません。
その通り!私は女性で、茶色です。ですから、私には二重の先入観があります。まず第一に、人々はあなたをプロデューサーだとは思っていません、ただシンガーだと思っているだけです。第二に、それは英国におけるアジア人に対する非常に固定的な見方に由来しています。人々は何度もその罠にはまってしまいます。 『グッドネス・グレイシャス・ミー』や『アジアン・プロヴォケイター』、あるいは『シチズン・カーン』などの番組を除けば、イギリスの大衆文化におけるアジア系イギリス人はどこにいるのでしょうか?自分自身をからかい、下品なエンターテイメントに貶めている場合にのみ、あなたが正当化されることができます。私はそれがとても嫌いですが、人々はまだそれに目覚めていません。私はそれについてとても考えていますし、私の見た目や経歴のせいでパンジャブ語のMCのように聞こえるレコードを作るべきだと人々に思われたくないのです。私にはイギリス人としてここで育ったものを反映した音楽を作る権利があります。
 
業界内ではあなたに期待されているような記録を達成することが期待されていますか?
それは音楽を作りたい、成功したいと願うすべての人に当てはまることだと思います。周りを見回すと、他の人が何をしているかがわかります。トップ 10 を見て、「ああ、それっぽいものを作る必要があるだろうか?」と思います。あるいは、音楽業界のペースが速い今、Youtube で 10 億回再生される 1 曲だけで大ヒットする可能性があるという事実は、人々に特定のサウンドを要求する大きなプレッシャーになっているだけです。そして、彼らは自分自身、自分の意識、自分の創造性に焦点を当てようとするのではなく、ただ他の人が望むものを作ろうとしているだけです。しかし、明らかに、あなたが誰であるか、どこにいるかによって、それらのプレッシャーは異なります。自分を快適ゾーンから押し出さなければ、もっと違った、もっとレフトフィールドで電子的な記録を作れただろう。


あなたはこのレコードの叙情的なインスピレーションとしてウィリアム・ブレイクやマシュー・アーノルドなどの詩人を挙げていますが、この曲は「苦闘と快楽がいかにして死すべき運命を乗り越える同時の力であるか」といった複雑で野心的なアイデアを扱っています。ポップミュージックと哲学を融合させる?
あまり考えていないですし、歌詞も含めてちゃんと曲を書いてみたのも今回が初めてです。以上が、今出てきたアイデアと感情です。それは現実的であり、関連性があると感じられるものでなければなりません。ポジティブなことについてのトラックがいくつかありますが、ほとんどは非常に暗いです。でもあからさまではないところが気に入っています。このレコードを何人かの人に送ったところ、「こんな暗い時代に、これほど前向きなサウンドのレコードを作ってよくやった」と言われました。でも、ある曲は名誉殺人について、もう一曲は妻の浮気について、もう一曲は決して満たされないこと、なぜ人は生きたいのかという疑問、孤独、コミュニケーションの欠如について歌っています…それが私が本当に考えていることです。 (笑)

多くの人はこうしたことに直面することを避けようとしていると思います。スタジオや一般的なクリエイティブなプロセスにおいて、そうすることが容易になりますか?
実際、そうだと思います。なぜなら、心の中のこれらの要素のいずれかにアプローチし、それを音楽でどのように伝えることができるか、リスナーに伝えたいメッセージは何なのかを考えるとき、単に考えている場合よりも深く考えなければならないからです。それはあなたの日常の思考の中にだけあります。レコードを作っていた最後の6か月間、私は完全に別のゾーンにいました。他のことは何も考えていませんでした。すごく早くスタジオに入って、遅くまで残って寝て、それから起きてまたやるという感じです。私は友達やボーイフレンド、あるいは他の誰とも話していませんでした。それは今まで一度も経験したことがなかったし、そのアイデアに対してかなり頑固になってしまった。なぜならそれはアルバムだけではなく、あなたの人生と世界に対する哲学全体だからだ。そしてそれは間違いなく、私の人生と優先事項について、他の人たちとはまったく異なるものであると想像する新しい結論を私にもたらしました。

やや皮肉なことに、それらのアイデアを受け入れるのに迷った後、とても楽しい時間を過ごしましたか?
私はこの立場にいることを幸せに感じています。幸せで、健康で、人生で最も好きなことに100%集中できます。それはまったくの特権であり、それを認識して感謝することが、毎日起きて全力で働くモチベーションになると思います。しかし、それは時には非常に過酷に感じることもありました。なぜなら、それはすべてを費やす可能性があり、少なくとも精神的には疲れ果てるものだからです。アルバムに収録される11曲を作るのに費やした時間とは別に、結局何にもならないものを作るのにその10倍の時間を費やした。それは美しい闘い、あるいは何とでも呼びたいものだと思います。ひらめきを得るまでには、スタジオでの作業に時間を費やさなければなりません。30分でも何でも、それがすべてまとまるのです。

あなたはこのアルバムで PRS Foundation と協力しましたが、過去にはブリティッシュ・カウンシルやザ・テートとも協力しました。これらの機関は英国の新しい音楽にとってどれほど重要ですか?そうでなければ記録を残すことができたでしょうか?
彼らは本当に重要で、PRS と仕事ができてとても幸運だと感じています。PRS は私に助成金をくれたので、初めてスタジオ スペースを借りることができ、基本的にアルバム全体をそこで作ることができました。彼らの経済的支援の直接の成果です。そして、私はとても感謝していますし、実際にそれを経験したことで、イギリスの意欲的なアーティストにとって彼らの重要性が確かに分かりました。そして、テートやバービカンのような芸術団体についてもっと考えてみると、それらはロンドンの文化の素晴らしい発信地であり、私がロンドンっ子であり、そのような機会があることをとても誇りに思う理由の一つです。彼らは本当にやる気があり、プログラムは素晴らしく、あなたやあなたの周りで喜んで働きます。

ライブが近づいていることは知っています。 10代の頃を思い出してバンドを結成してみませんか?
まあ、もうワンマンショーはできないけど、現時点ではバンド全体をやるリソースがあまりないので、別の人でやるつもりだ。現在、それを解決中です。私はリードボーカル、ギター、シンセに集中するつもりで、彼は他のことを手伝ってくれるつもりです、そして次の段階はドラマーを雇うことになるでしょう。

あなたは過去にリスボンかライプツィヒへの移籍について話し合ったことがあるね。このレコードの後、ロンドンに留まるつもりですか?
私はロンドンが大好きです。イライラすることもありますが、私は生まれも育ちもロンドンっ子です。半年は別の場所で過ごすこともできると思いますが、ここは私のお気に入りの場所であり、ここにいるととても特別な気分になります。たとえ長い間他の場所にいたとしても、それは得られません。

ジョン・ソープ、2017 年 12 月。

古い投稿 新しい投稿