発売中: ジェームス・ウェルシュ『チューリッヒ/A65』



最近、Radio Slave、Ozel AB、FC Kahuna によって Phantasy でリミックスされたジェームス・ウェルシュが「Zurich/A65」でレーベルに戻ります。クラブ向けに準備されたもう 1 つの巧みな 2 トラックは、ディテールと純粋な個性が注入されており、テクノ、インダストリアル、実験的なエレクトロニック スタイルに対する彼の特異かつ先進的な解釈をさらに強化しています。

EP のオープニングを飾る「Zurich」は、感染力のある切実なベースラインを持ち、徐々に無重力の風景へと広がります。ゆっくりとそのリズミカルな意図が明らかになり、独特の憂鬱さと激しさがシームレスに融合しており、ウェールズのこれまでの最高の作品と同様に、切なくも肉体的でもあります。

その名にふさわしく、「A65」は、ヨークシャーの高速交通の紛れもないサウンドをサンプリングすることでシーンを設定し、多幸感とエネルギーで脈動する発光シンセによって駆動される、息を呑むような音楽のアウトバーンを開きます。

ここで12 インチ ヴァイナルをストリーミング、ダウンロード、または購入できます


古い投稿 新しい投稿