リリース中: Future Four「コネクション」

当初は 90 年代初頭のダンス ミュージックのアナログ的な不条理さ、音の多様性、純粋な想像力に敬意を表していましたが、 Future Four は数年の活動休止期間を経て復帰し、「Connection」で新たな時代、マシン、理想に突き進んでいます。当初は、エンペラー・マシン、チキン・リップス、ビザール・インクの頭脳であるアンディ・ミーチャムのソロ・プロジェクトであった「コネクション」は、フューチャー・フォーとしては初のリリースであり、エロル・アルカンが永久メンバーとして参加しており、リミックスも加えられている。 I:Cubeより、ファンタシーで公開中。

シンセ、ビンテージ ドラム マシン、あらゆる種類のエフェクトの真のパワーハウスである「Connection」は、予期せぬエレクトロニクスのシーケンスがあらゆる方向から徐々に構築され、それぞれの作曲家に関連付けられたかみそりのような正確さで着地するにつれて、最小のテンポと最大のインパクトで展開します。カスケードシンセが炭酸飲料のように溢れ、FM シンセシスとサイケデリアの電子的なパッチワークに沿ってトラックを推進します。

リミックスでは、 I:Cube が「Connection」の予測不可能なリズムを取り入れ、その多用途で複数の要素を時代を超越したブギーハウスのスライスにまとめています。音楽的な熱灯の下でトラックのアウトサイダー カシオの雰囲気を醸成しながら、常に前向きなフランス人は、サンデッキと宇宙ステーションの両方を簡単にサウンドトラックできるカットで登場します。

トラックリスト:
コネクション (オリジナルミックス)
コネクション(I:Cubeリワーク)

12インチビニール盤のご注文はこちらから

古い投稿 新しい投稿