iD特集:エロル・アルカン「Reworks Volume 1」について語る

エロル・アルカンは、最新のコンピレーション「Reworks Volume 1」のリリースに先立ち、リミックスの技術と伝説のTRASHクラブの遺産の 10 年をフラッシュバックすることについてiDとチャットしました。

「他人の音楽をリミックスしたり、作り直したりするのは、とてもクリエイティブなことだと常に感じていたと思います。初期の頃は、最初からバンドをプロデュースするか、あるいはある種の拡張版を作るかのように、オリジナルの要素だけを使ってレコードを再現しようとしました。 12 インチ バージョン -- 私は子供の頃、本当に大好きでした。デッド オア アライブの「ユー スピン ミー ラウンド」やデュラン デュランの「リフレックス」などの 12 インチのポップ ヒット曲をよく買っていましたが、それらはいつも明らかに異なっていました。ラジオで聞こえてくるような…」 -エロル・アルカン

記事の全文をここで読み続けてください


古い投稿 新しい投稿