エロル・アルカン、「トゥ・ザ・リズム」2018年全米ツアーを発表

dir="ltr" style="text-align: center;"> エロル・アルカン、リズム・アス2018ツアーへの参加を発表

7月
2018 年 7 月 27 日金曜日 - トゥ・ザ・リズム / ライト・ダウン・ロー: オーディオ [サンフランシスコ] - FB イベント/チケットの予約
土曜日 7/28/18 - To The Rhythm / Prototype: Dis/Order [ロサンゼルス] - FB イベント/チケット予約

8月
金曜日 8/3/18 - To The Rhythm / Endless & Made: Analog [ニューヨーク] - FB イベント/チケット予約
土曜日 8/4/18 - トゥ・ザ・リズム / メイキング・タイム: ザ・ドルフィン [フィラデルフィア] - FB イベント/チケット予約

2017年のロンドンのXOYOでの13週間にわたる素晴らしいレジデンシーと英国全土でのソールドアウト公演を経て、エロル・アルカンはトゥ・ザ・リズム」を携えてアメリカ・ツアーに戻ってくるサンフランシスコロサンゼルスニューヨークフィラデルフィアの各日程で、アルカンが夏の夜の音楽の全期間中、全米最高級のクラブ 4 つのサウンドシステムを完全に制御します。

著名な DJ、プロデューサー、リミキサー、ラジオの司会者であるアルカンのキャリアは、他の人よりも曲がりくねった道を歩んできました。 Tame Impala Daft Punk Connan Mockasinなどのリミックスアーティストの歴史から トッド・テリエそして最近ではデペッシュ・モード、ロンドンの伝説的なクラブ「トラッシュ」のレジデント兼ブッカーとして10年間務めたアルカンの音楽的立場はそれぞれ、DJブースという彼の心の拠り所に恩恵をもたらしてきた。ここで、そして「To The Rhythm」全体を通じて、彼はクラブ カルチャーの進化する予測不可能なビジョンを表現し、彼のオリジナルのオルタナティブ ロックのルーツから、きらめくディスコ、推進力のあるハウス、最先端のテクノ、そして喉のような酸までの予期せぬつながりを発見しています。ロンドンでのレジデンシー期間中、「トゥ・ザ・リズム」はゲルト・ヤンソンファクトリー・フロアジャスティス、ダニエル・エイヴリー、エレン・エイリアンIFペギー・グーフランソワ・Kピーチズライドを含む多様なゲストを迎えてライブを行った。

アルカンのコメント 「アメリカに戻ってくるのを楽しみにしています。最初から最後までDJができるということは、自分の音楽の世界全体でプレイでき、この旅行を最大限に活用できることを意味します。昨年ロサンゼルスで行われたプロトタイプの6時間のセットは個人的なお気に入りでした」 2017. 90分だけプレイするためにわざわざここまで来るわけがない。また会いましょう。」

古い投稿 新しい投稿