リワークの裏側: コナン・モカシン「Forever Dolphin Love」


コナン・モカシンの
「Forever Dolphin Love」(エロル・アルカンのリワーク)は、彼のコンピレーション「Reworks Volume 1」から収録されており、長らく廃盤となっており、アナログ盤での発売が非常に切望されていた曲である。

コナン・モカシンの『Forever Dolphin Love』の私のリワークは、私の個人的なお気に入りの 1 つです。2010 年に遡り、ファンタシーはビコーズ・ミュージックとレーベル契約を結び、私たちがリリースした最初のレコードは、名前を変更して再パッケージ化したバージョンでした。彼のデビュー アルバム「プリーズ ターン ミー イントゥ ザ スナット」は、私たちが数か月前にファンタシーからリリースしたもので、一度契約すると、タイトルとジャケットのアートワークを変更して、この特別なアルバムをより多くの聴衆に提供することができました。そして、その時点ではコナンの音楽をリミックスすることについてあまり考えていませんでしたが、リミックスの可能性を検討することを提案するのに十分な魅力を感じました。

「Forever Dolphin Love」と「Unicorn In Unicorn」の両方のパートを持っていて、最初に「Unicorn」から始めましたが、数時間かけてもまったく火がつきませんでした。それで、そこに何が入っているのかを確認するために「FDL」のパートを調べてみたところ、ギターパートを再生していると、私の頭の中でベースラインが始まり、すぐにそのベースラインに絡み合いました。寝る前に忘れないように、すぐにそのパートを再生して MIDI をキャプチャしました。その夜、私はすべてのやり直しを夢見て、翌朝コンピューターに向かう前に頭の中ですべてを終えていたに違いありません。私はコンピューターに向かい、数時間ですべてを作りました。中盤とアウトロで入る新しいキーボード・パートは、本物の Juno 6 と相対的なプラグインの組み合わせです。アナログ Juno で適切なサウンドを見つけたら、それをプラグインで一致させました (これはかなりの方法でした)オフですが気にしませんでした(tbf)そして2つのサウンドを一緒にマージしました。最後にはジョニー・マーの大きな影響があり、私が追加したギター・パートはザ・スミスの「Well I Wonder」が頭の中で浮かんでいたと思います。それがさらに憂鬱なボタンを押したのだと思います。トラックはミックスされました。 Trident Fleximix を使用しました。当時はあまり使用していませんでしたが、これはコナンのオリジナルの既存のサウンドに追加された新しいサウンドの多くを柔らかくする方法であり、さらにかなりかすんだサウンドを与えることができました。透明感。

少し迷信深い人がいるなら、これはファンタシーからリリースされた 13 枚目のシングルでもあります。」 -エロル・アルカン

「Reworks Volume 1」は、2枚組CD、5枚組ヴァイナルボックスセット、または裏面にホットチップのリワークを収録した12インチヴァイナルで個別に予約注文できます


古い投稿 新しい投稿